結婚相談所

結婚相談所

結婚相談所の会員数、料金などを比較しています。

結婚相談所 > 結婚相談所

結婚相談所 比較

 結婚相談所に求めるものは、まず信用。自分の個人情報を預けるのですから、これは絶対です。結婚相談所の信用が、紹介される相手のプロフィールの信用になります。次は、やっぱり出会いの数。出会いがなければ、お付き合いできません。
 そこで、大手といわれている結婚相談所を会員数で比較したランキングでご紹介します。入会後の活動についての情報もあわせてのせていますので、参考にしてください。

 

1位 ブライダルネット

ブライダルネットはこちら

会員数:135,415人【男46%、女54%】 (2015年1月)

信用:一部上場企業IBJの運営するネット型の結婚相談所。スタッフが毎日ネットをパトロールしてくれている安心感。IBJは成婚率50%を誇る結婚相談所サービスを行っている会社です。本人証明がないと、登録してもメッセージ交換などはできません。

活動:ネットでメンバー登録、カウンセリング(ネット)、会員用SNSを使って検索、メッセージ交換、日記の公開などができる。気になるなる相手が見つかったら婚シェル経由で紹介をしてもらえる。婚シェルから活動アドバイスももらえる。

成婚率:毎月約14,000人のカップルが成立。成婚率は不明。

その他:6か月以内にカップル成立しなければ全額返金。(活動があったと認められた場合)

ブライダルネットはこちら

2位 オーネット

オーネットはこちら

会員数:4,4073人【男54.7%、女45.2%】(2016年1月)

信用:大手楽天グループの結婚相談所。入会には公的な独身証明書が必要。

活動:希望条件によるデータマッチングの他に、写真やプロフェールで探す、パーティー・イベントで探す、アドバイザーのコーディネートで探すなど多彩な方法がある。

成婚率:年間最大198名を紹介。2015年度の成婚による退会人数 5,076人

その他:サイトから無料で結婚チャンステストがうけられます。

オーネットはこちら

3位 パートナーエージェント

パートナーエージェントはこちら

会員数:11,914人【男女比不明】 (2016年2月)

信用:マザーズ上場企業の結婚相談所

活動:専任コンシェルジェが活動をサポート。コーチングの手法を使って自身の結婚・パートナー像を明確にしていき、活動をアドバイス。3か月、10カ月に定期面談あり。アドバイスには成婚退会した会員のデータを反映。紹介はパートナーエージェントの独自ロジックで抽出して行う。「Yahoo!婚活コンシェルプラン」「ゼクシィ縁結びカウンター」と連携。月の平均紹介実績は6.3人。

成婚率:2015年度の成婚による退会人数 2,228人

その他:通常のコンシェルジェコースの他に、イベントコースがある。28歳以下のコース、男性55歳以上、女性45歳以上のコースあり。

パートナーエージェントはこちら

結婚相談所 料金

 結婚相談所にかかるお金は、入会金や登録料など入会時にかかるお金。さらに月会費がかかります。例えばオーネットのプレミアムプランに入ってパーティなどに平均的な回数参加すると1年で30万円ほど。ツヴァイならベーシックプランで年間24万くらい。
 大切なパートナー選びなので、結婚相談所の信用とサービス内容に納得していることが一番だと思うし、相手も同じくらいの金額を払っているということは相手の真剣度の高さともとれますが、何年も続ければ当然高額になります。結婚相談所に入会するときは、期限とか費用の上限を考えておくことも必要でしょう。
 上であげたブライダルネットは、老舗の結婚相談所のネットサービスなので、内容の割に月額2,500円~と割安だと思います。自分で活動できる自身のある人は費用的には一番おすすめです。

 

結婚相談所 評判

 結婚相談所の口コミで多いのは、「自分で活動する必要がある」というもの。現在の結婚相談所は、自分で条件を絞って交際相手を探すタイプが多いです。相談所によっては、アドバイザーは最初に面談して、プロフィールを作ったりするとき以外は、こちらからアクセスしないと活動にはかかわってこないこともあります。ブライダルネットのようなところだと、最初の面談もない。もっともここは、本人確認はきちんとしているようなので、そこは安心。

 しかし、そもそも活動が苦手なので、結婚相談所にお見合い的に相手を選んで紹介してほしい!という人もいるはず。上のランキングの会社でもアドバイザーに申し込めば、やってもらえることもありますが、もし、最初から紹介形式がよいとのことだったら、より手厚いサポートがしてもらえるこちらがおすすめです。

 

 

結婚相談所 トップへ戻る